一般社団法人 愛知県損害保険代理業協会

いざという時に安心できる優良な愛知県の損害保険代理店を紹介します。

会員専用ページへ

愛知県代協とは

会長挨拶





一般社団法人愛知県損害保険代理業協会
 会 長   金子 紀代志

 一般社団法人愛知県損害保険代理業協会のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。
 さて、昨年は改正保険業法が施行され保険募集の定義が明確化、募集関連行為という概念が導入、顧客ニーズを把握する「意向把握義務」や「情報提供義務」、募集プロセスの各段階にきめ細かく対応する基本的なルールが創設され、保険募集人に対して、規模・特性に応じた直接的な体制整備を義務づけられました。我々損保代理店にとって財務局の監査を直接受けることは、旧来の「保険会社の代理店」という立場ではなく、独立した企業であり社会的責任を負うということだと思います。
 当協会は、損害保険募集人の資質向上に損害保険大学課程の受講募集とセミナー運営をし「損害保険トータルプランナー」の育成に努め、「代理店賠責日本代協プラン」の普及、熱田神宮・豊川稲荷清掃活動、献血活動等々CSR活動を実施し、対外的活動の高校生への「出前教育授業」、小学生には「ぼうさい探検隊マップコンクール」への参加斡旋を実施してまいります。
 また、本年は新たに愛知県警本部・生活安全部と昨年末より調整してきた「子ども110番の保険代理店」の設置事業が可能となりました。店頭シールには、日本代協・新キャラクター「森の賢者ふうた」デザインを使用し会員の方々の地域社会に密着した活動に更なる一歩となるよう推進し、消費者に認知され信頼いただける団体を目指し活動してまいります。
 これから社会は想定を超えるスピードで変化していくものと言われています、我々もその変化に遅れることがないように対応しなければなりません。
皆様のお役に立つことができるよう一同さらに努力をつづけていきたいと考えております。
よろしくお願い申し上げます。

一般社団法人愛知県損害保険代理業協会とは

一般社団法人愛知県損害保険代理業協会のホームページにようこそ!
愛知県代協は、昭和20年東海地方損害保険代理業協会として6社の発起人により設立、平成20年一般社団法人愛知県損害保険代理業協会(略称:愛知県代協)として一般社団法人へ移行しました。
愛知県代協の正会員は565店(平成28年9月末)愛知県下の損害保険代理店で構成する職業団体あり、「損害保険の普及と一般消費者の利益保護を図るため、保険代理店の資質を高め、地位の向上を図り、地域社会への貢献」を目的とし活動しています。
なかでも、損害保険募集人がさらなるステップアップを目指す仕組みとして実施されている一般社団法人日本損害保険協会(略称:損保協会)最高峰の資格「損害保険トータルプランナー」、その受験講座「損害保険大学課程コンサルティングコース」指定教育機関(一般社団法人 日本損害保険代理業協会)の会員として、損害保険募集人に受講募集を展開しています。 「損害保険トータルプランナー」の豊富な経験と高度な知識は、必ずや消費者のみなさまのお役に立てるものと確信しています。
時代の変化に伴ない、損害保険商品の内容が複雑化・多様化するとともに、様々な保険に関する広告・情報が飛び交うようになり、消費者のみなさまが選択に迷うことが多いかと存じます。

どうぞ、愛知県代協の会員にぜひご相談ください。
損害保険のプロ中のプロとして、お客様個々の事情に合わせた最適の商品をおすすめ申し上げるとともに、不幸にして事故にあわれた場合、誠心誠意のお世話をさせていただきます。
また、地震保険制度創設50周年を迎え一層の普及促進に向けた取組みをしてまいります。

平成26年9月
一般社団法人 愛知県損害保険代理業協会
会長 金子 紀代志

愛知県代協の目的

本会は、損害保険の普及と保険契約者の利益保護を図るため、損害保険代理店の資質を向上させることにより、
その業務の正常な運営を行うことを確保し、併せて損害保険事業の健全な発達に寄与することを目的としています。

愛知県代協の事業

損害保険代理店に対する教育研修事業
損害保険代理店の制度、業務に関する調査研究および関係諸機関への提言
損害保険の健全な普及に関する啓発、宣伝及び防災活動
損害保険代理店の広報活動
地域社会に貢献するためのボランティア活動
会員の福利厚生増進のための事業
会員への情報伝達と相互理解を図るための会報等の発行
前各号のほか、本会の目的を達成するために必要と認めた事項

愛知県代協の沿革

昭和20年03月03日 東海地方損害保険代理業協会として発足(愛知・岐阜・三重の代理店)
昭和25年05月 全国損害保険代理業協会連合会(全代連)設立(協議会から連合会へ発展させる)
昭和39年12月 社団法人全国損害保険代理業協会連合会設立 (大蔵省より社団法人格を認可される)
昭和55年04月 社団法人 日本損害保険代理業協会(日本代協)に改組
平成04年09月 全国損害保険代理業国民年金基金設立
平成10年10月 日本代協保険大学開講
平成20年12月 一般社団法人 愛知県損害保険代理業協会(愛知県代協)として法人格に改組

組織図

組織図
会員の種類 正会員、一般会員、賛助会員
会議の種類 総会、理事会、各委員会
役員の種類 理事 30名(うち会長1名、専務理事1名、常務理事1名、副会長5名、監事2名)
顧問(直前会長) 1名
相談役 4名

会長:
金子紀代志

専務理事:
古林靖規

常務理事:
平岩康夫

副会長:
佐藤則康

副会長:
川合秀弘

副会長:
伊藤準

副会長:
橘恭浩

副会長:
森政樹

監事:
中野豊

監事:
山城康司

顧問:
髙木勝

委員会 教育委員会
組織委員会
企画環境委員会
CSR委員会
広報委員会
財務委員会
支部 地域別10支部 (会員は支部に所属する)

事務局

一般社団法人 愛知県損害保険代理業協会

事務局長:
加賀都夫

〒460-0008     
愛知県名古屋市中区栄1丁目13番4号
みその大林ビル6階C号
TEL:052-203-8722
FAX:052-203-8723
MAIL:aidaikyo@crocus.ocn.ne.jp
ページトップへ