三井住友銀行カードローンの審査の基準と流れ、お金を借りる3つの方法

国内3大メガバンクの1つである三井住友銀行ですが、安心してお金を借りたいと思っている方も多いと思います。

三井住友銀行にはいくつかお金を借りる方法がありますが、真っ先に思いつくのはカードローンではないでしょうか。

今回の記事では、三井住友銀行のカードローンで借りる方法や審査の流れを詳しく解説。

キャッシングやフリーローンについても解説するので、三井住友銀行のローンを利用したい方はぜひ参考にしてみてください。

三井住友銀行カードローンの審査基準とは?申し込み条件は3つ

三井住友銀行カードローンの申込条件は3つ。すべて満たしている方のみが申し込めます。

  • 申込時に満20歳以上満69歳以下の人
  • 原則として安定した収入がある人
  • 三井住友銀行が指定する保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる人

安定した収入がある満20歳以上69歳以下の方なら誰でも申し込みが可能です。

年収の条件やアルバイト・パートといった雇用形態は申込条件には入っていません。

アルバイトやパートでも安定した収入があれば申し込みができますが、日雇いなど収入が安定していない場合は審査に通るのが難しくなります。

三井住友銀行のカードローンは、普通預金口座・キャッシュカードを持っていなくても申し込めます。

ただし三井住友銀行カードローンの利用目的は事業性資金以外に限られているため、事業の運転資金や設備資金を借りたい方は三井住友銀行ビジネスセレクトローンを検討しましょう。

三井住友銀行のカードローンの審査の流れとは?必要書類や申込条件をわかりやすく解説

三井住友銀行のカードローンを検討している方の中には、スムーズに申し込みできるか不安な方もいると思います。

申し込みの段階になってから焦らないように、必要書類や申し込み条件を確認しておきましょう。

三井住友銀行カードローンの申込方法はローン契約機・Web・電話の3種類

三井住友銀行カードローンは、Web・ローン契約機・電話の3種類から申込方法を選べます。

まずは申込方法をそれぞれ見ていきましょう。

三井住友銀行の公式サイトから申し込み(Web申込)

最も手軽なのが、三井住友銀行の公式サイトから申し込む「Web申し込み」です。

メガバンクでありながら、銀行の店舗へ足を運ぶことなく、申し込みから借入まで完結します。

Web申し込みはパソコン・スマホから原則24時間いつでも申込可能。
※毎月第2週月曜日の深夜1:00~5:00はメンテナンスで利用不可

Web申し込みの手順は下記の通りです。

  1. 三井住友銀行のホームページから申し込み画面にアクセス
  2. 必要事項を入力し、送信
  3. 本人確認書類をアップロード

Web申し込みが手軽な理由として、本人確認書類をアップロードできるところにあります。

通常は本人確認書類を郵送したり、ローン契約機まで足を運んで撮影したりする必要がありますが、Web申し込みだけはスマホで撮影してアップロードすれば完了できます。

申し込み後はローン専用カードが発行されるため、ローン契約機や郵送で受け取りましょう。

三井住友銀行のローン契約機での申し込み

三井住友銀行の店舗内に設置されている、ローン契約機での申し込み手順は下記の通りです。

  1. ローン契約機のタッチパネルで本人情報を入力
  2. ローン契約機のスキャナーで本人確認書類を読み込ませる
  3. 申込書に必要事項を記入

ローン契約機は三井住友銀行内に設置されており、9:00~21:00の間で毎日受付しています。
※店舗によって利用時間が異なります。

オペレーターから契約についての案内があった後、ローン専用カードを受け取れる仕組みです。

三井住友銀行のコールセンターへ電話申し込み

電話での申し込みは土日祝関係なく毎日9:00~21:00の間で受付しています。
※12月31日~1月3日は休み

電話での申し込み手順は下記の通りです。

  1. 三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)に電話をする
  2. オペレーターに必要事項を聞かれるので回答する
  3. 本人確認書類を提出

本人確認書類はWebでアップロードするか、郵送またはローン契約機からも提出可能です。審査結果は電話またはメールで連絡がきます。

普通預金口座・キャッシュカードを持っていればWeb完結で申し込みが可能

普通預金口座・キャッシュカードをお持ちの方なら、パソコンもしくはスマホからWeb完結で申し込みが可能です。

三井住友銀行のホームページにアクセスし、申し込みフォームに必要事項を入力後、送信すれば申し込みは完了です。

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)の契約の有無で申し込みページが異なるので注意してください。

原則として24時間いつでも申し込みできますが、毎月第2月曜日の深夜1:00~5:00はメンテナンスのため受付していません。

また1月1日0:00~1月2日7:00も休止です。

普通預金口座・キャッシュカードがある場合、口座がない場合よりも申込時の入力項目が少なく済みます。

申し込み時には運転免許証などの本人確認書類の提出を求められる

三井住友銀行カードローンへ申し込む時には本人確認書類の提出を求められます。本人確認書類として認められているのは基本的に下記の4種類です。

  1. 運転免許証
  2. 個人番号カード
  3. パスポート
  4. 住民基本台帳カード(顔写真付き)

健康保険証など他の書類を提出したい方は、本人確認書類として認められるのかをカードローンプラザに電話して確認してください。

申込時の住所が本人確認書類の住所と異なる場合は、公共料金の領収書または住民票の写しも準備しておきましょう。

さらに、令和2年2月4日以降に申請されたパスポートを提出する場合は、現住所が記載されている他の本人確認書類を追加で提出が必要です。

三井住友銀行カードローンの審査結果は最短翌営業日に通知される

三井住友銀行では、本人確認書類を提出後、最短で翌営業日に審査結果が分かります。

申し込みや審査が土日祝の場合には、結果連絡が3~5日後になってしまうため、遅くとも木曜日までには申し込みをしておくのがおすすめ。

審査結果は9:00~21:00の間に、申込時に入力した電話番号もしくはメールアドレス宛に連絡がきます。

審査状況が気になる方は、三井住友銀行カードローンプラザ(0120-923-923)に問い合わせましょう。

カードローンプラザの受付時間も9:00~21:00(12月31日~1月3日を除く)となっています。

三井住友銀行で借りたお金の返済方法は?

三井住友銀行が指定している返済方法はATM・振込・口座振替(自動引き落とし)の3つです。

ローン専用カードでATMから返済する場合は、以下の5種類のATMを利用できます。

  • 三井住友銀行本支店ATM
  • イーネットATM
  • ローソン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょATM

ATMからの返済には手数料はかかりません。

三井住友銀行ATMの営業時間は8:00~23:00ですが、コンビニATMは24時間いつでも利用可能です。

ゆうちょATMの営業時間は設置場所によって大きく異なるので、利用する際はあらかじめ確認してください。

キャッシュカードでATMから返済する場合には、ゆうちょATMは利用できません。三井住友銀行本支店ATM・イーネットATM・ローソン銀行ATM・セブン銀行ATMから返済しましょう。

振込で返済する場合は、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)を使ってカードローン口座へ返済期日までに振り込みます。

振込で返済する際には手数料が発生するので、手数料0円で返済したい方はATMまたは口座振替による返済を選びましょう。

三井住友銀行の口座をお持ちの方は口座振替による返済が可能です。返済期日までにATMなどから返済がない場合に三井住友銀行普通預金口座から引き落とされます。

口座振替での返済は手数料無料で利用できますが、別途手続きが必要なケースも。

口座残高が不足しているときは残高すべてが引き落とされます。引き落としされた金額が利息未満の場合は追加の借り入れができなくなるので、返済金額分は口座に入れておきましょう。

三井住友銀行でお金を借りたときの返済シミュレーションをしておこう

借入をする際には申込条件や審査にばかり気を取られがちですが、十分な返済計画を立てることも重要です。

三井住友銀行で10万借りたときの返済シミュレーションをしてみましょう。

返済期間3ヶ月6ヶ月12ヶ月
金利14.500%14.500%14.500%
毎月の返済額34,142円17,378円9,002円
利息合計2,425円4,269円8,020円
返済総額102,425円104,269円108,020円

参考:三井住友銀行 返済シミュレーション

返済期間が長い方が毎月の返済額は抑えられますが、利息の合計が増えるため結果として返済総額に約6,000円の差が発生します。

返済総額が高くてもいいから毎月の返済負担を減らしたいという方以外は、返済期間をなるべく短くしましょう。

申し込み前に必ず確認!三井住友銀行カードローンで審査落ちしやすい人の特徴を詳しく解説

三井住友銀行でお金を借りたいなら、審査基準や審査落ちしやすい方の特徴を事前に確認しておくのが賢明です。

審査でどのような点が見られるのか、注意すべき点はどこなのかを詳しく解説します。

カードローンで借入できる額は総量規制により年収の3分の1まで

三井住友銀行カードローンで借り入れできる額は総量規制に配慮し、年収の3分の1までとされています。

総量規制とはお金の借り過ぎを防ぐ目的で定められたルール。貸金業法で定められている規制のため、本来は銀行に適用されません。

ですが、銀行でも貸付額を年収の3分の1までに抑え、利用者が返済に困る状況にならないよう自主的に規制をしているところがほとんど。

三井住友銀行もそれにあたります

銀行は総量規制の対象外ですが、実際は年収の3分の1までの借入しか認めていないのが一般的です。

他社借入額を含めて年収の3分の1を超えている場合は、審査通過はできないと考えておきましょう。

延滞などで信用情報に傷があると審査に影響する可能性がある

審査時に必ず確認されるのが信用情報です。過去に延滞などの金融事故を起こしたことがあると信用情報に傷が付き、審査に影響する可能性があります。

三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスが運営しているSMBCコンシューマーファイナンスのため、プロミスで金融事故を起こしたことがある場合も審査に悪い影響が。

さらにSMBCモビットもSMBCグループなので、SMBCモビットで延滞などをしたケースも信用情報に傷が付いています。

三井住友銀行だけでなく他の借入先での返済状況も加味されるので注意してください。

申し込みの内容に誤り・虚偽の内容があると審査落ちする可能性がある

誤字脱字や抜け漏れなど、記入時のちょっとしたミスでも審査に通らない可能性があります。

また故意に年収を実際より高く申告したり、嘘の情報を記入してはいけません。

収入証明書類を提出しない場合でも、嘘は必ずバレます。

審査時には膨大なデータと信用情報機関からの信用情報を調べ上げるため、申込情報と合わない点は見破られるのです。

申し込み内容には正確な情報を記入し、ミスがないよう見直してから提出するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンは勤務先への在籍確認を行う場合がある

カードローンの審査において基本的に在籍確認は必ず行われますが、在籍確認の方法は勤務先への電話に限られていません。

三井住友銀行カードローンの公式サイトの「カードローンのお申込みにあたってのご留意点」には次のように記されています。

お勤め先等へお電話にてお申込みのご確認をさせていただく場合があります。
引用元:三井住友銀行

三井住友銀行の住宅ローンやフリーローンを利用している人、三井住友銀行口座に毎月の給与が振り込まれている人は、電話での在籍確認が行われないケースもあります。

電話で在籍確認する場合は、銀行の担当が「三井住友銀行」と名乗って電話をかけてきますが、カードローンの件であることは言いません。

利用者の個人情報が漏れないように最大限の注意を払ってくれます。

それでも職場の人に知られそうで不安という方は、事前にカードローンプラザに問い合わせるか、在籍確認なしで借りられるカードローンの利用を検討しましょう。

本人確認での電話対応はしっかりと対応する

三井住友銀行カードローンの申し込みが完了すると、本人確認の電話がかかってきます。

申込時に登録した電話番号にかかってきますが、見慣れない番号からの電話だからといって無視しないよう注意をしてください。

申込当日または翌営業日の9:00~21:00の間に電話がかかり、本人確認の電話では、申込内容の確認などが行われるだけです。

電話に出ないと本人確認ができず、審査に進めません。いつになってもお金を借りられないので、申込後に知らない電話番号からかかってきてもしっかり対応しましょう。

借入した後に返済が遅れると限度額が減る可能性があるので注意

カードローンの限度額は契約完了後も定期的に見直されます。

初回審査時と同じように信用情報を確認し、現在の限度額が適切かどうかを判断。

定期的な見直しは「途上与信」と呼ばれ、突然実施されます。

延滞などがあると限度額が不適切と判断されて減額になる可能性があるので要注意です。

三井住友銀行のカードローンの金利や返済額について解説

カードローン選びで気になるのは金利や返済額ではないでしょうか。どうせ利用するならお得に借りられるカードローンを選びたいもの。

金利や返済額を通して、三井住友銀行カードローンがお得なのかどうか見ていきましょう。

カードローンは限度額ごとに金利が異なるので注意

三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%~14.50%で、契約極度額が大きくなるほど段階的に金利は低くなります。

契約極限額ごとの適用金利は以下の通りです。

契約限度額適用金利
100万円以下12.0%~14.50%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
600万円超700万円以下4.50%~5.0%
700万円超800万円以下4.0%~4.50%

限度額が高くなると金利は下がりますが、審査も厳しくなります。審査が心配であれば借入希望額を少なくして申し込むのがおすすめです。

三井住友銀行の公式サイトで返済額のシミュレーションが可能

三井住友銀行の公式サイトでは無料で返済額のシミュレーションができます。

毎月返済額や返済総額を算出できるので、カードローンに申し込む前に計算しておきましょう。

毎月返済額シミュレーションで入力するのは、借入金額・返済月数(期間)・金利の3つだけ。「シミュレーション結果を見る」ボタンを押せば、瞬時に毎月の返済額が表示されます。

もう少し毎月の返済額を減らしたいと思えば、返済月数を調節してみましょう。

返済期間や借入可能額もシミュレーションで事前に確認できる

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションでは、返済額以外にも返済期間や借入可能額もシミュレーションできます。

返済期間シミュレーションは借入金額・毎月返済額・金利を入力することで、どのくらいの期間で返済できるかを表示。完済までの見通しが立てやすくなります。

借入可能額シミュレーションは毎月返済額・返済月数(期間)・金利を入力することで、いくらまで借りられるのかが表示され、返済しやすい借入額を把握できます。

返済が遅れると遅延損害金が発生!長期化すると信用情報に傷が残る可能性あり

カードローンの返済が1日でも遅れると「遅延損害金」が発生します。

遅延損害金とは返済が遅れた場合に支払う滞納料です。三井住友銀行カードローンの通常の金利は4.0~14.50%ですが、遅延損害金は19.94%と高くなります。

遅延損害金の計算方法は以下の通りです。

遅延損害金=借入算高× 19.940% ÷365 (うるう年は366日)×延滞日数

100万円借りた場合の通常金利は14.50%なので、30日間借りたときの利息は約11,000円。

一方、借入残高が100万円で30日間延滞した場合の利息は約16,000円です。たった30日間で5,000円もの差が付きます。

延滞が長引くほど遅延損害金は膨れ上がるため、気付いたらすぐに入金しましょう。

延滞を数ヶ月間も放置しておくと信用情報に傷が残る可能性があります。

信用情報はカードローンをはじめとする借入審査の際に必ずチェックされる内容です。

信用情報の傷は一定期間記録されるため、今後他のローンやクレジットカードを申し込んだときに審査落ちのリスクが高まります。

延滞が長期化すると様々なデメリットが発生するので、早い段階で解消することが肝心です。

三井住友銀行での利用実績が順調なら増額申請できる可能性もある

三井住友銀行カードローンの利用実績が順調であれば、増額申請が可能です。利用実績の他に重視されるのは以下の5つ。

  1. 利用期間が6ヶ月以上である
  2. 返済の遅れが一度もない
  3. 増額しても返済できる収入がある
  4. 勤務先が変わっていない
  5. 他社借入が増えていない

合計6つの条件をすべて満たしていれば増額審査通過の可能性があります。

三井住友銀行カードローンの増額は、電話またはローン契約機から申し込みが可能。

ローン契約機からの増額申込も毎日9:00~21:00まで受け付けています。

また三井住友銀行が「増額の見込みがある」と判断した利用者には、増額案内(インビテーション)がくる場合があります。

自分から増額の申し込みをするよりも、増額案内をもらってから申し込む方が審査通過の可能性は高いです。

ただし増額審査は初回申込時よりも厳しくなります。増額案内を受けたからと言って必ず審査通過するわけではない点は注意が必要です。

三井住友銀行カードローンは電話やチャットサービスが利用可能

三井住友銀行カードローンで不明な点がある場合は、まずは公式サイトの「よくある質問集」から検索してみましょう。

「キーワードから探す」の欄に不明点を入力して検索ボタンを押すと、入力した内容に近いQ&Aが表示されます。

どのようなキーワードを入力していいか分からない場合は、カテゴリー検索から該当する項目を探してみましょう。

よくある質問集でも解決が厳しいときは、電話の問い合わせをおすすめします。

フリーダイヤルの受付時間は毎日9:00~21:00(1月1日~3日と5月3日~5日は除く)

電話で問い合わせるのが緊張するという方は、チャット受付サービスを活用するのもいいでしょう。

チャット受付サービスでは、SMBCダイレクト及び三井住友銀行アプリの操作方法に関しての問い合わせを受け付けています。

チャット形式でリアルタイムに回答。毎日9:00~21:00まで利用できます(1月1日~3日と5月3日~5日、臨時メンテナンスを除く)。

ホームページや三井住友銀行アプリからチャットボット(AI自動応答システム)を利用する場合は24時間受付なので、いつでも質問が可能です。

よくある質問集やフリーダイヤル、チャット受付サービスを利用すると、様々な疑問・不明点に答えてくれます。

ただし審査落ちした具体的な理由などの回答は原則受け付けていません。

審査落ちに納得がいかなくても問い合わせるのは控えましょう。

三井住友銀行でお金を借りる方法はカードローン・キャッシング・フリーローンの3つ

ここまで三井住友銀行のカードローンについて、お金を借りる方法や審査の流れを紹介してきました。

冒頭でも紹介した通り、三井住友銀行にはカードローンの他にもキャッシングとフリーローンでお金を借りる方法があります。

ここからは三井住友銀行でお金を借りる3つの方法について、それぞれの特徴を比較しながらみていきましょう。

カードローン
借入回数限度額内であれば何度でも可
金利高め
メリット必要なタイミングで借りられる・好きな用途に利用できる
デメリット借り過ぎて返済期間が長くなりやすい・信用情報機関に履歴が残る
キャッシング
借入回数限度額内であれば何度でも可
金利カードローンより高い
メリット追加の審査が不要
デメリット高額なお金は借りられない
フリーローン
借入回数一度の契約での借入は1回のみ
金利カードローンより低め
メリット月々の返済額が抑えられる・借入が1回のみなので余計な借入を防げる
デメリット再借入には審査が必要

カードローンは限度額の範囲内であれば何度でも借り入れできます。限度額の上限は500万円または800万円が相場です。

キャッシングというと、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を指すことが一般的。

キャッシング枠の限度額は10~100万円が相場ですが、ショッピング枠と連動しているため実際に借りられる金額はさらに減ります。

フリーローンの一番の特徴は必要な分のお金をそのまま借りられる点。

カードローンやキャッシングと違って限度額は設定されておらず、1回の利用につき借りられるのは1回だけです。

再び利用したい場合は、改めて申し込みと審査を行わなければなりません。

できるだけ早くお金を借りたいなら三井住友銀行のカードローン

三井住友銀行カードローンの「Web完結」を利用すると、申込から契約完了までWebで完結できます。来店の手間がなく、いつでもどこでも手続きが可能です。

ただし三井住友銀行の普通預金口座をすでに持っていることがWeb完結の利用条件。

普通預金口座を持っていれば、普通預金口座なしの場合より申し込み時の入力内容が少なく、できるだけ早くお金を借りたい方にぴったりです。

コンビニatmでも利用可能!三井住友銀行キャッシュカードをお持ちの方ならキャッシングを検討

三井住友銀行キャッシュカードをお持ちの方なら、三井住友銀行ATMはもちろん、全国のコンビニATMを利用可能。しかも何度利用しても手数料0円です。

キャッシュカードで利用できるコンビニATMはイーネットATM・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMの3種類。

会社帰りや買い物ついでに返済できて便利な上に、ATM手数料が0円だから無駄な出費も抑えられます。

まとまったお金を用意したいなら三井住友銀行フリーローン

三井住友銀行のフリーロン(無担保型)では10万円~300万円の借入が可能。金利は変動型で年5.975%です。

三井住友銀行カードローンの場合、300万円借りても金利は年8.000〜10.000%のため、まとまったお金を用意したいならフリーローンの方が利息が抑えられます。

利用対象となるのは下記の条件を全て満たした方のみです。

  1. 申し込み時の年齢が満20歳以上、満65歳以下
  2. 前年度の税込年収(個人事業主は所得額)が200万円以上
  3. 現在安定した収入がある
  4. SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる
  5. 日本国内在住

申し込み方法は、ローン契約機・Web・電話からできます。Webから申し込むにはメールアドレスが必要ですが、携帯やPHSのメールアドレスは不可。

Webや電話から申し込んだ場合でも、契約時にはローン契約機に行かなければなりません。

フリーローンで借りたお金の使い道は基本的に自由ですが、以下の使い道は除きます。

  • 事業性資金
  • 投機性資金
  • 見積書や契約書等により確認できない資金
  • 個人間の売買契約
  • お借入資金をお支払先に一括してお支払いいただけない資金(家賃・生活資金等)
  • すでにお支払済の資金
  • 当行または他金融機関からのお借り換え資金

※なお、上記以外にもお申し込みできない場合があります。お使いみちにつきましては担当までお問い合わせください

引用元:三井住友銀行

借り入れたい金額が300万円を超える場合は、有担保型のフリーローンも検討するといいでしょう。

有担保型のフリーローンでは、お手持ちの不動産を担保にして最大1億円までの借り入れが可能です。

三井住友銀行で取り扱っている方法の中から、自分に合ったお金を借りる方法を見つけてみてください。