メルペイスマートマネーの審査や特徴は?メルカリでお金を借りる方法

2021年8月3日、メルペイでお金を借りられる「メルペイスマートマネー」が発表されました。

従来の金融機関とは異なり、メルカリの利用実績に応じて金利優遇が受けられるとも噂されているメルペイスマートマネー。

いつから使えるかはまだ発表されていませんが、事前にやり方を知っておきたいですよね。

現時点でわかっている情報から、特徴や審査内容、メルペイスマート払いとの違いについて紹介します。

名称メルペイスマートマネー
申込条件20歳~70歳まで
引き落とし用の銀行口座を登録している
本人確認が済んでいる
金利3.0~15.0%
遅延損害金年率20.0%

メルペイスマートマネーとは?メルカリユーザー必見のサービス

メルペイスマートマネーのキャプチャ

メルペイスマートマネーは、メルカリアプリを利用してお金を借りられるサービスです。

メルペイスマートマネーの特徴は以下のとおり。

  • 上限金額は20万円
  • メルカリアプリで申し込みから利用まで完結できる
  • メルカリの販売や利用実績に応じて金利が優遇される
  • 金利は3.0~15.0%と低めの設定
  • メルカリのポイントや売上で返済できる

順に解説していきます。

上限金額は20万円!少額の借り入れに向いている

メルペイスマートマネーは上限金額が20万円となっており、手元にちょっとしたお金が欲しい人に向いているサービスです。

メルペイスマートマネーで借りたお金は、メルカリアプリ内で利用できるほか、メルペイにチャージし、メルペイ加盟店で利用することも可能。

メルカリでどうしても欲しい商品がある人や、メルペイをよく利用する人向けとなっています。

メルカリアプリで申込から利用まで完結できる

メルペイスマートマネーは、メルカリのアプリがあれば申込から利用までスマホのみで完了。

審査に通れば、メルペイとして支払いできるほか、銀行口座から出金して支払うことも可能です。

メルカリの利用・販売実績により金利が優遇される

メルペイスマートマネーの最大の特徴は、メルカリの利用実績に応じて金利が優遇される点。

通常の金融機関では、借りる金額や審査の信頼度に応じて金利が変動するため、最初から金利優遇を受けられる人は少なくなっています。

上限金利が適用されるのが一般的で、借入金額によってはなかなか金利が下がらないことも。

詳細はまだ公表されていませんが、メルペイスマートマネーはメルカリの利用実績によって金利優遇されるとの発表がありました。

メルカリをメインで利用している若年層でも、金利優遇を受けられ、他の金融機関で借りるよりもお得に借入できる可能性があります。

金利が3.0~15.0%と低めの設定

同じくアプリでの融資サービスを提供している「LINEポケットマネー」では、上限金利が18.0%の設定です。

メルペイスマートマネーは、上限金利が15.0%と低めの設定なのも嬉しいポイントといえます。

メルカリのポイントや売上金を返済に充てられる

メルペイスマートマネーならではの特徴が、メルカリのポイントや売上金を返済に充当できるところ。

メルカリ上で商品を販売する予定がある人は、メルペイスマートマネーでお金を借りた後、メルカリで販売した売上金をゲットした後に返済もできます。

メルカリはポイントプレゼントなどのキャンペーンも頻繁に実施しているため、ポイントを返済に充てられるのも嬉しいポイント。

よくメルカリを利用している人ほど、お得に借入できる融資サービスとなっています。

メルペイスマートマネーとメルペイスマート払いとの違いは?

メルカリにはよく似ているものとして「メルペイスマート払い」と呼ばれるサービスがあります。

メルペイスマートマネーとメルペイスマート払いの違いは以下のとおりです。

メルペイスマートマネー:メルカリで商品を購入していなくても現金を借りられる融資サービス
メルペイスマート払い:メルカリで商品を購入した際に利用できる後払いサービス

メルペイスマート払いは、メルカリで購入した代金を翌月にまとめて精算できるサービスのこと。いわば後払いサービスを指します。

商品を購入した際に利用できるサービスなので、翌月に支払いする点ではメルペイスマートマネーと同じですが、現金を借入するサービスではありません。

一方でメルペイスマートマネーは、メルペイにチャージしたり現金を借りたりする融資サービスのこと。

メルカリで商品を購入していなくても、お金を借りたいときに利用できます。

どちらも返済できないと遅延損害金がかかってしまうほか、メルカリやメルペイを利用できなくなるケースもあるので注意しましょう。

メルペイスマートマネーに審査はある?基準や通りやすさをチェック

メルペイスマートマネーは、融資サービスであることから審査は必ず行われます。

メルカリをすでに利用している人でも、メルペイスマートマネーを利用するための審査が別途行われ、審査に通らないとサービスを利用できません。

メルペイスマートマネーの審査に関してわかっているのは、以下のとおり。

  • 20歳以上70歳以下が対象
  • 引き落とし用の銀行口座を登録していないと申し込めない
  • 本人確認(eKYC)済みでないと申し込めない

融資では在籍確認や本人確認が実施されますが、メルペイスマートマネーでは申し込み段階で本人確認済みであることが条件なので、申込後に本人確認される可能性は低いと考えられます。

またメルペイスマートマネーで特徴的なのは、利用ごとに審査が実施されること。

通常、銀行や消費者金融では申し込みの際に審査が行われ、限度額や金利が決定しますが、メルペイスマートマネーでは借入のたびに審査が行われる証書貸付が採用されています。

証書貸付とは、1回の借り入れごとに契約書(金銭消費貸借契約証書)を作成して、契約書に記入された金額を借りる融資契約のことをいいます。
引用:【イー・ローン】証書貸付(証書ローン、証書貸付方式ローン)

メルカリは独自の与信サービスを提供しているため、申込条件さえクリアしていれば、数分で審査結果が出るのもメリット。

メルカリの支払いですぐにお金が必要だけど、手元にお金がない場面でも、メルペイスマートマネーに申し込めばアプリ上で借入可能です。

メルペイスマートマネーのやり方は?利用する流れを解説

メルペイスマートマネーはまだ利用の詳細が発表されていませんが、以下の流れが必要と考えられます。

  1. メルカリアプリをダウンロード
  2. メルペイスマートマネーに申し込み
  3. メルカリにて審査を受ける(最短数分)
  4. 審査通過後、借入スタート

審査に通過すればメルカリアプリ内での購入に利用できるほか、メルペイでの支払い、銀行口座への出金も可能です。

またメルペイスマートマネーの返済は以下に対応しています。

  • メルカリのポイント
  • メルカリの売上金
  • 銀行口座からの引き落とし

銀行口座からの引き落としを利用する場合は、11日・16日・26日から選択可能。

自分の都合に合わせて返済できる自由さも、メリットだといえます。

メルペイスマートマネーはメルカリユーザー向け!

現段階ではメリットが多いと考えられるメルペイスマートマネー。LINEポケットマネーやCREZITなどの少額アプリと比較しても、条件は良いと考えられます。

特にメルカリをいつも利用している人にとっては、使い勝手が良いサービス。

金利優遇を受けられるため、メルカリ愛用者こそ利用したいサービスです。

ただしメルカリスマート払いと同じく、借りたら返済が必要な点は注意が必要。

返済できないと損害遅延金がかかってしまうため、借りすぎには気をつけましょう。