20万円を借りる方法

新型コロナの影響で環境が変わって生活費が苦しくなった、失業や急なトラブルなど、さまざまな理由でどうしても20万借りたいときもあるでしょう。

20万円借りたいときは、金融機関で借り入れする他、貸付制度の利用も可能です。

「20万円借りる方法にはどんなものがある?」
「今すぐ20万借りたいけどどうすればいい?」

このような疑問を持っている人が知っておくべき20万円借りる方法や、困ったときに利用したい貸付制度について紹介していきます。

20万借りたいときに利用可能な5つの方法

20万円借りたいときに利用可能な方法を5つ紹介します。

お金借りると必ず利息がかかるため、参考として20万円を1ヶ月借りた場合の利息も掲載してみました。

借入先金利
※20万円を1ヶ月かりたケース
融資までの期間無利息サービス手軽さ
緊急小口融資無利子1週間程度条件が厳しい
総合支援資金保証人あり:無利子
保証人なし:年1.5%
※1.5%の場合1ヶ月の利息は246円
1ヶ月程度保証人を付ければ無利子
コロナ関連なら無利子
条件が厳しい
消費者金融カードローン約18.0%
※18.0%の場合2,958円
最短即日大手のほとんどが実施手軽
銀行カードローン13.5~15.0%
※14.0%の場合2,301円
最短翌日ごく一部で実施やや手軽
生命保険契約者貸付保険会社により異なる
2.0%~8.0%程度
※8.0%の場合1,315円
即日から1週間程度なし解約返戻金がある保険を契約していれば手軽

方法によって借りるまでの日数やかかる利息はさまざま。自分の希望に合った借り方で20万円を借りましょう。

20万円借りたいならまずは公的制度を利用しよう

緊急貸付のパンフレットの写真

コロナで収入が減少したために20万円借りたい場合は、公的制度を利用する方法があります。

公的融資は何らかの理由で困っている人を対象にした制度なので、利用条件が細かく定められている代わりに返済しやすいよう配慮されているのがメリット。

特に20万円までであれば、コロナウイルスの影響により特例を受けられる可能性が高くなっています。

コロナ関連で20万円借りられる可能性がある融資について詳細を紹介するので、利用条件を確認して利用できそうな制度への申し込みを検討してみてください。

参考:厚生労働省生活支援特設ホームページ

緊急小口資金はコロナウイルスの特例で20万円まで借りられる

コロナウイルスの影響により収入が減った人が20万円借りたいときに利用できる方法の1つ目が、緊急小口融資です。

緊急小口融資は生活福祉資金の中の「福祉資金」に分類される融資で、緊急かつ一時的に生計の維持が難しくなった場合に貸付けが受けられる少額の融資です。

本来であれば上限は10万円ですが、コロナで収入が減少したなどの理由がある場合に限り、20万円まで融資の上限額が引き上げられます

コロナ関連では、失業ではなく主に休業した人向けの費用として案内されています。
緊急小口融資で20万円借りる条件を見ていきましょう。

新型コロナウイルスに関連する緊急小口融資の内容

以下のいずれかの条件に当てはまる場合、緊急小口融資で20万円借りることができます。

  • 世帯に新型コロナウイルス感染症に罹患した人がいる
  • 世帯に要介護者がいる
  • 4人以上の世帯である
  • 世帯にコロナ拡大防止のため臨時休業した学校などに通う子の世話をする労働者がいる
  • 世帯員に風邪症状などコロナに感染した恐れがある小学校などに通う子の世話をする労働者がいる
  • 休業などによって収入が減少し生活費用の貸付けが必要

融資の内容は以下の通りです。

据置期間1年以内
返済期間2年以内
利子と保証人無利子で保証人不要

据置期間とは返済を待ってもらえる期間なので、すぐに生活が改善されなくても1年は返済をせずに済みます。

無利子な上に返済期間も2年間と長いので、20万円借りた場合は月々1万円程度*支払いをすれば、期限内に返済可能です。

※20万円÷24ヶ月=8,333円*

申し込みは市区町村の社会福祉協議会で受け付けています。

コロナの感染拡大予防のため、郵送でやり取りをしている場合もあるため、まずは各市区町村の社会福祉協議会のホームページを確認(または電話)で手続き方法を確認しましょう。

コロナウイルスにより失業した人は総合支援資金で20万借りることが可能

コロナ関連で20万円借りたいときに利用できる方法の2つ目が、総合支援資金です。

総合支援資金は主に失業した人向けの制度で、生活を再建するまでに必要な生活費用の融資が受けられます。

総合支援資金で20万円借りる条件を見ていきましょう。

新型コロナウイルスに関連する総合支援資金の内容

総合支援資金では、新型コロナウイルスの影響で収入が減少または失業し、生活に困窮して日常生活が維持できなくなっている世帯を対象に、以下の金額が貸し付けられます。

  • 2人以上の世帯:月20万円以内
  • 単身世帯:月15万円以内

月に20万円以内で借りられる期間は原則3ヶ月以内です。毎月20万円ずつ借りると最大で60万円借りられます。

2人以上の世帯の人は1ヶ月でも20万円借りられますし、単身世帯の人も2ヶ月にわたって借り入れをすれば20万円を超える借り入れが可能ですね。

融資の内容は以下の通りです。

据置期間1年以内
返済期間10年以内
利子と保証人無利子で保証人不要

利子が付かず返済期間は10年以内なので、60万円借りたとしても月々5,000円*の返済で済む計算に。
※60万円÷120ヶ月=5,000円

申し込みは緊急小口融資と同様に、市区町村の社会福祉協議会で受け付けています。

それぞれの制度について詳しく知りたい方は、市役所でお金を借りる方法を確認しておきましょう。

即日で20万円借りたいなら消費者金融が最も早い

ローンカードの写真

生活費が払えないといったように、急いで20万円借りたい場合は、即日融資に対応している消費者金融カードローンが最も早く借り入れできます。

銀行カードローンでお金を借りられるのは申し込みの翌日以降ですが、消費者金融では即日融資が可能です

3日後にでも20万円が必要な状況なら、迷わず消費者金融を利用しましょう。

無利息期間を利用すれば低金利で20万円を借りられる

20万借りてすぐに返済する予定がある人にも、消費者金融は非常に便利です。というのも消費者金融には無利息期間が設けられているため。

消費者金融別の無利息期間
消費者金融無利息期間
プロミス初回借入日の翌日から30日間無利息
レイクALSA契約日の翌日から
・60日間全額無利息※WEB申し込み限定
・30日間全額無利息
・180日間借りた金額のうち5万円が無利息
(※選択可能)
アイフルはじめての方、契約日の翌日から最大30日間無利息
アコム契約日の翌日から30日間金利0円サービス
SMBCモビットなし

消費者金融で20万円を1ヶ月借りた場合の利息は2,958円ですが、無利息期間を利用すれば、最初の月は利息がかからないことになります。

仮に20万借りて30日以内に返済すれば、利息0円で済む計算です。

これを踏まえて、20万円借りるのに適している消費者金融カードローンを紹介していきます。

即日融資で20万円を借りたいならプロミス

プロミスの無人店舗

即日融資で20万円を借りたい場合は、アプリで簡単に借りられるプロミスを利用しましょう。

スマホだけで借りられる「プロミスアプリローン」を利用すれば、最短1時間で近くのATMでの借り入れが可能です。

家電が壊れた、急に医療費が必要になった、など突如20万借りたいときに便利です。

またプロミスは無利息期間が借入翌日から始まるのもメリット。
他の消費者金融は契約日翌日から無利息期間が始まりますが、プロミスだけは初回借入日の翌日から無利息期間が始まります。

プロミスなら30日間まるまる無利息期間が利用可能です。いざというときに備えて、契約しておくのもおすすめです。

初めての借り入れでも安心のアコム

アコムの店舗の写真

20万借りたいけれど消費者金融を利用するのが初めてな人に安心なのがアコムです。

アコムは公式サイトに「はじめての方ならアコム」と明記しているように、はじめての人でも申し込みやすい消費者金融です。

新たに申し込んで審査に通って契約した人の割合を、新規成約率と言いますが、アコム審査は新規成約率が高い傾向にあるのが特徴。

各消費者金融の新規成約率
業者新規成約率
アイフル41.10%
アコム40.40%
プロミス39.50%
レイクALSA33.20%

アイフルに次いで新規成約率が高く、初めての借り入れでも安心できます。

本当に借りられるかどうか借入前に診断できる「3秒診断」もあるため、不安な人はぜひ利用してみましょう。

レイクALSAは無利息期間が最長!負担なく20万円借りられる

レイクALSAの店舗の写真

無利息期間がどこよりも長いレイクALSAは、20万借りたいときに負担なく返済できるのがメリット。

無利息期間を選べるため、都合に合わせて好きな方を選びましょう。

レイクALSAの無利息サービス
  • 60日間利息0円*
  • 5万円まで180日間無利息*
  • 30日間利息0円

イメージしやすいよう、実際に20万円借りた場合の具体的な利息を書き出してみました。

返済回数180日間無利息の場合の利息60日間無利息の場合の利息
1回2,219円0円
3回3,722円946円
6回6,172円4,726円
12回15,036円12,460円
24回32,873円30,844円

参考:レイクALSA公式サイト│どっちがおトク?シミュレーション

レイクALSAで一度に20万借りて長期で返済していく場合、60日間無利息を選ぶ方がお得に利用できます。

一方で5万円単位でトータル20万円借りたい場合は、180日間無利息を選ぶと半年は何度でも無利息で借りられます。

Web以外で申し込むと60日間無利息ではなく30日間無利息になってしまうので、Webから申し込みましょう。

林裕二監修者コメント
消費者金融からの借入は即日融資が可能であり、使途も定められていないなど多くのメリットがあります。しかし、行政の制度とは異なり営利を目的としているため、多額の利息が発生します。無利息キャンペーンがあるとは言いつつも、20万円という大金を30日程度で完済するのは難しいでしょう。総合的に考えて現在生活に困窮しているのであれば、据置期間があり無利息で借りられる行政の制度がもっともお得です。ただし、今すぐにでもお金が必要なのであればつなぎ資金として消費者金融等を利用するのはありでしょう。

あなたにぴったりのカードローンを診断!

あなたにぴったりの
カードローンを診断!

低金利で20万円借りたいなら銀行カードローンがお得

低金利でお金を借りたいなら、銀行カードローンがお得です。

20万借りたはいいものの、すぐに返済できるかどうかわからない人は、金利をおさえて無駄なく借りるのがポイント。
即日融資には対応していないものの、条件によっては銀行カードローンで借りる方がお得になります。

20万借りると金利の差はどれくらい?

銀行カードローンは消費者金融よりも金利の設定が低く、利息をおさえて20万借りられます。

いくつかの商品を例に、銀行カードローンの金利がどれくらいか確認してみましょう。

銀行金利
楽天銀行スーパーローン(カードローン)14.5%
千葉銀行カードローン1.4%~14.8%
三井住友銀行カードローン12.0%~14.5%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング
(通称:カードローン)
18.0%
みずほ銀行カードローン14.0%
イオン銀行カードローン11.8%~13.8%

銀行によって金利に開きがありますが、年14.0%前後が多く、消費者金融の18.0%と比較して、4.0%程度低い金利です。

20万円借りた場合の1ヶ月の利息の差は以下のとおり。

  • 消費者金融18.0%:2,958円
  • 銀行カードローン14.0%:2,301円

1ヶ月で返済した場合では600円程度ですが、借入期間が伸びるにつれて利息の差は広がっていくため、毎月の負担を減らしたいなら銀行カードローンを選ぶ方がお得。

20万円借りたいときにおすすめしたいのが、楽天銀行カードローンです。

20万円借りるとポイントが貯まる楽天銀行カードローン

楽天銀行のキャプチャ

楽天銀行では初めて申し込んだ人に入会特典として楽天ポイント1,000ポイントがプレゼントされます。

さらに入会月の翌月末までの利用残高によって、最大3,000ポイントを進呈。

20万円以上30万円未満の利用で500ポイントといったように、利用残高によって進呈されるポイントの数が変わります。

すでに楽天会員の人は楽天銀行スーパーローンの審査で優遇を受けられるケースもあるため、借り入れの審査が不安な人にもおすすめです。

楽天会員なら「楽天かんたん申し込み」から申し込んでみましょう。

※必ずしもすべての楽天会員の方が、審査の優遇を受けられるとは限りません。
※楽天会員以外でも申し込みできます。

月々2,000円からの返済でOKな千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンの公式サイトキャプチャ

現時点でお金を借りても返済できるか不安に感じているなら、月々2,000円からの返済でOKな千葉銀行カードローンを検討してみましょう。

千葉銀行の口座を持っていなくても、カードローンへの申し込みが可能です。

申し込めるのは関東圏に住んでいる人のみとなりますが、Webから申し込めば来店不要で契約までできてしまいます。

金利をおさえて20万円借りたいと考えているなら、ぜひ利用してみましょう。

借り入れまでに時間がある人はろうきんで20万借りる方法もある

時間的な余裕がある人は「ろうきんカードローン」の利用も検討しましょう。

ろうきんは労働金庫の略で、働く人が資金を出し合い互いに助け合う目的で設置されている金融機関です。営利目的の金融機関ではないので、低金利で借りられるなどのメリットがあります。

金利は低いですが、借りられるのは申し込んでから約3週間後なので、時間的余裕がない場合は別の方法が向いています。

ろうきんを利用できる人

ろうきんでお金を借りることができるのは、会員になっている人で、以下のように種類があります。

会員の種類具体的な人物
団体会員・会員組合員・会員構成員など
※ろうきんにより呼び方が違う
ろうきんに出資している職場の労働組合などに所属する人
生協組合員ろうきんに出資している生協の会員
※同一生計の家族も会員になれる
一般の人・一般労働者など
※ろうきんにより呼び方が違う
上記以外の働く人
ろうきん友の会に入会している人
個人で出資している人

ろうきんは全国に13か所あって、住んでいる地域によって利用先のろうきんが決められています。

商品内容もろうきんごとに違うので、自分が利用したいろうきんにどのような商品があるか確認してから申し込みましょう。

無職の人が20万借りたいときは契約者貸付制度を利用できる

無職の人は消費者金融などからの借り入れが難しいため、公的融資以外では契約者貸付制度を利用できます。

契約者貸付制度とは、解約返戻金がある保険に入っている人が利用できる生命保険からお金を借りる方法。

解約時に支払われる返戻金を担保としており、返戻金の7~8割を借入可能。つまり解約返戻金が30万円以上の状態なら20万円借りられる可能性があります。

金利は保険会社や商品によってさまざまですが、年2.0%から8.0%程度と低いのが特徴です。

返済しやすいメリットがある反面、決められた期限までに返済できないと保険が失効する場合も。

保険が失効すると備えがなくなるので、早めの返済を心がけましょう。

林裕二林裕二
2018年に2級FP技能士検定に合格後、AFP登録を実施。FPライターとして金融系記事をメインに寄稿するとともに、大手金融サイトで記事監修も開始。ファイナンシャルプランナーとして、読者に対して正しい情報を届けられるよう監修を行う。また、ファイナンシャルプランナーとしての専門知識に加え、ライターとして培ってきた知識を踏まえ、専門性の高い監修を行うことを心掛けている。

貸付条件

融資限度額 1万円~500万円
貸付利率 4.5%~18.0%
ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
遅延損害金(年率) 20.0%
ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
ご返済期間・回数 最長8年、最大96回
必要書類 “運転免許証
※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人 不要
※商号:新生フィナンシャル株式会社
※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号