10万円を借りたいとき使える方法は?無職でも審査なしで借りられる手段

生活費や急な事故や病気など、今すぐ10万円が必要になる場面には様々なものがあります。

10万借りたい人に最もおすすめの借入方法はカードローンです。

少額の借り入れであれば、比較的審査に通りやすく、手軽に利用しやすいのが特徴。

この記事では10万円を今すぐどうしても借りたい人のために、今日中に借りる方法、低金利で借りる方法など目的にあったカードローンを紹介します。

また記事の後半では、10万円を借りる際に審査なしでもOKな手段を紹介します。

今すぐ10万借りたい人にカードローンが最も向いている

今すぐ10万円借りたい人に最も向いている借入方法は、カードローンです。

その中でも特に消費者金融がおすすめな理由はこちら。

  • 即日10万借りることが可能
  • 初めての利用は無利息期間がある
  • 10万円までの少額の借入ができる
  • 仕事(アルバイト)の収入があれば審査に通りやすい

消費者金融カードローンは即日融資に対応している金融機関で、申し込みしたその日のうちにお金を受け取れます。

また初めて利用する人は無利息期間が適用されるので、少額の借入がお得です。

急ぎでどうしても10万円借りたい人に最もおすすめな「アイフル」

10万円の画像

今すぐどうしても10万必要な理由があるなら、消費者金融のアイフルを選びましょう。
Webからの申込で最短30分で審査が完了1時間後には現金を手に入れられます

スマホがあればローソンやセブンイレブンなど、コンビニでの借入も可能!
24時間365日いつでも申し込めて、借りてから30日間は利息ゼロで利用できます。

アイフルは審査通過率が高いから申し込みやすい!

アイフルの無人店舗

公式サイトhttps://www.aiful.co.jp/
融資時間最短1時間
金利3.0~18.0%
無利息期間30日間

アイフルの審査では、新規成約率が他社と比較して高く、審査に通る確率も高い傾向にあります。

  • 学生で収入はアルバイトの5万円ほどだけ
  • 転職したばかりで勤続年数が1ヶ月しかない

このような理由で審査に不安がある人は、アイフルに申し込みするのがおすすめです。

公式サイトの「1秒診断」では、年収や雇用形態などの情報を入力すると、事前に借入可能かを簡単に診断できます。

※場合によっては仮審査と本審査の結果が異なる可能性がございます。

\24時間受付中/

【公式】申し込みはこちら

プロミスは融資が早い!最短で10万円借入可能

プロミスの店舗写真

公式サイトhttps://cyber.promise.co.jp/
融資時間最短1時間
金利4.5~17.8%
無利息期間30日間

プロミス カードローンは、申し込みから最短1時間で借入が可能。
今すぐ10万円必要な人でも、すみやかに融資を受けられます。

プロミスはWebサイトやアプリから24時間いつでも申し込みでき、セブンイレブンのATMですぐに借入できる手軽さが魅力。

さらに初めて利用する場合は、30日間利息ゼロでお得です。

すぐに借りたい方は「Web申し込み」から事前審査を受けてみましょう。

\融資まで最短1時間/

Web完結申し込みはこちら

アコムは審査最短30分!利用者数最多の安心感も

アコムの無人店舗

公式サイトhttps://www.acom.co.jp/
融資時間最短1時間
金利3.0~18.0%
無利息期間最大30日間

アコムの審査は最短30分で、業界トップクラスの審査スピードです。
プロミスと同様、最短1時間ほどで融資を受けられます。

公式サイトで24時間いつでも申し込み可能なうえ、事前に「3秒診断」で仮の審査を受けられます。

3秒診断では「年収・年齢・他社の借入状況」を入力するだけで、情報を元に即座に借入可能かを判定してくれます。

※場合によっては仮審査と本審査の結果が異なる可能性がございます。

また初めて借りる人は30日間金利0円。
そういったサービスの充実さから、最も利用者数の多い消費者金融でもあります。

\簡単!3秒でわかる/

【公式】借入診断を試してみる

レイクALSAは無利息期間が長い!短期間の借入がお得

レイクALSAの無人店舗

融資時間最短1時間*
金利4.5~18.0%
無利息期間60日間(全額)もしくは180日間(5万円まで)

レイクALSAは消費者金融の中で、最も無利息期間が長いカードローンです。

無利息期間は60日間*1*2で、他社の倍ほどの長さがあります。
(5万円までの借入はさらに長い180日間に!)*1*3

10万円借りても60日間はレイクALSAが利息を負担してくれるので、他よりもお得に借入できるのが特徴。

申し込みはスマホだけで完結するので、外出先で急にお金が必要になったときでも、すぐに融資を受けられます。

あなたにぴったりのカードローンを診断!

あなたにぴったりの
カードローンを診断!

消費者金融で10万円を借りたときの金利は?

お金を借りる際に気になるのが「金利」がいくらかかるのかです。

金利はこのような計算式で決まります。

借入金額(円)× 年利(%)× 借入日数(日)÷ 365日

そして消費者金融で10万円を6ヶ月借りたと想定して、どのくらいの金利がかかるのか計算してみたものがこちら。

今回はプロミスの金利や無利息期間を当てはめました。

100,000円 × 年利 17.8% × 借入日数 (180日ー30日) ÷ 365日 = 7,315円

計算した結果、かかる金利は7,315円でした。

プロミスでは最初の30日間は利息が発生しません。
無利息期間がなかった場合、金利は8,780円ほどになるのでお得になっていることが分かります。

林裕二監修者コメント
通常、消費者金融等から借入をしたときは、利用状況によって「利息」を支払わなければいけません。しかし、大手消費者金融の中には「◯日間無利息キャンペーン」と称し、30日間から最大で180日間までの無利息期間を設けていることがあります。この期間内に借入金をすべて返済すれば、利息を支払う必要がありません。少額、短期間の利用を検討されている方には、とてもおすすめのサービスです。

低金利で10万円借りたいなら銀行系カードローン

銀行系カードローンは、即日融資を受けられる手軽さはありませんが、低金利で負担を抑えてお金を借りられます。

銀行は審査が厳しいと思われがちですが、近年利用者が増えているネット銀行では、比較的審査に対して柔軟に取り組んでいる傾向です。

「収入が少ない」「他社で返済できていない借入がある」など、審査に不安がある人は、バンクイックなどの銀行カードローンや消費者金融を検討しましょう。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の画像

融資時間最短翌日
金利1.8~14.6%
条件・20歳以上65歳未満で日本国内に在住の人
・安定した収入のある人

※すでに口座を持っている場合

三菱UFJ銀行のカードローンは、10万円から借りられるカードローンです。

金利は14.6%と低金利で、消費者金融の18.0%と比較して3.4%もお得になっています。

大手銀行のカードローンは借り入れまでに1週間ほどかかりますが、バンクイックはすでに三菱UFJ銀行の口座を持っていれば最短翌日に借りられる手軽さがあります。

口座を持っていない人でも、Web上で申し込み手続きがすべて完結するので、わざわざ銀行に来店して手続きする必要はありません。

\来店不要で申し込める/

バンクイックのWeb申し込みはこちら

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローン 公式サイト

千葉を代表する千葉銀行のカードローンは、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(横浜市、川崎市)に住んでいる方におすすめ。

契約と同時に融資可能な入金サービスがあり、来店不要でWeb完結申し込みに対応しています。

1円単位で借入可能なため、急に10万借りたい場面でも便利に利用できます。

借入可能かわかる「10秒クイック診断」で今すぐ診断することも可能です。

\簡単!10秒でわかる/

【公式】クイック診断を試してみる

ジャパンネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行のロゴ
融資時間最短翌日
金利1.59~18.0%
条件・20歳以上62歳以下の人
・安定した収入のある人

ジャパンネット銀行カードローンは、10万円などの少額でも気軽に借り入れしやすいサービスです。

ジャパンネット銀行のポイントは、銀行系カードローンには珍しい30日間の無利息期間が設けられていること。

専用のアプリで申し込みから借り入れまですべて完結するので、発行したローンカードや郵便物が原因で周りにバレる心配がありません。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンの画像

融資時間最短翌日
金利1.8~14.5%
条件・20歳以上69歳以下の人
・安定した収入のある人

※すでに口座を持っている場合

三井住友銀行のカードローンは低金利で、最低10万円から借入可能です。

50万円以下の借り入れは毎月の返済が2,000円で、返済日も4つの中から選択できるため、自分に合った無理のない返済をしていけるのがポイントです。

ただし大手銀行のカードローンは、審査が厳しい傾向にあります。

消費者金融と銀行、10万円借りるとき金利が安いほうは?

ここまで10万円借りるのにおすすめな、消費者金融と銀行のカードローンを紹介してきました。

このどちらが金利を安く抑えられるのかは、申込者の返済期間によって異なります。

消費者金融カードローン:無利息期間があるので短期間の借り入れがお得
銀行カードローン:低金利なので長期間の借り入れがお得

どちらを選べばいいか迷っている人は、どのくらいの期間で返済するかの計画を立ててみましょう。

例えば、10万円を月5万円ずつ一気に返済するパターンと、月5,000円ずつ地道に返済するパターンでは、かかる利息は大きく変化します。

10万円を借りた場合の金利は?

月5万円返済
(2ヶ月)
月5,000円返済
(1年8ヶ月)
消費者金融
カードローン※1
1,480円28,110円
銀行カードローン※22,380円23,840円

※1 金利18.0%、無利息期間30日間とする。
※2 金利14.5%とする。

返済期間によってどちらがお得なのか、異なっています。

自分の返済計画に合わせて、最適な借入方法を検討して申し込みましょう。

とはいえ基本的に返済期間は長くなればなるほど利息が増えるので、短期間で返済するのがおすすめ。

消費者金融の無利息期間を利用して、3ヶ月ほどで負担なく返済できるのが理想です。

キャッシングで10万円借りる

お金を借りる手段の中には、クレジットカードのキャッシングを利用する方法があります。

ほとんどのクレジットカードには、ショッピング枠と別でキャッシング枠が設けられています。

キャッシング枠の金額内であれば、コンビニのATMなどから現金をいつでも借入可能です。

クレジットカードのキャッシングには、このようなメリットがあります。

  • 必要なときだけ現金を借りられる
  • 周りに借金をしているとバレにくい
  • 普段はクレジットカードとして買い物に使える

普通のクレジットカードとして使えるので、周りにお金を借りていると気付かれないのがポイントです。

審査なしで10万円借りたいときの方法は?

10万借りたいとき、無職でも借りれる方法には、このようなものがあります。

  • 担保を元にお金を借りる
  • 国の公的制度でお金を借りる

注意しておきたいのは、消費者金融や銀行のカードローンは審査に通るのが厳しい点です。

それらの金融機関は、貸し倒れのリスクがある人を、ほとんどの場合審査に通さないようにしています。

やみくもに申し込みをすると、審査に落ちた履歴が記録され、自分の信用を傷つけることになるので気を付けましょう。

審査なしで担保を元に10万借りる方法

審査なしでお金を借りるためには、担保を元にお金を借りる方法があります。

担保とは、もし契約者が返済できなくなった際に、契約者の返済額を補うために差し出す物品などのことです。

具体的な手段はこちらがあります。

加入している保険の解約金や、持っているブランド品を担保にお金を借りられます。

契約者の収入にかかわらず借りられるので、収入が安定していない人でも借入可能。

延滞中でどうしても10万借りたい人でも利用できる方法です。

どうしても10万必要なのに借りれない人でも、借りられる可能性が高い方法です。

本当に困っているなら公的制度で10万円借りよう

生活に困っている人は、国の制度である「緊急小口資金」を頼りましょう。

名称緊急小口資金
概要緊急かつ一時的に生活の維持が困難な場合に少額の費用を貸付
限度額10万円
利子無利子

緊急小口資金は、生活に必要なお金を貸付する制度で、国からお金借りる方法の一つ。
対象は主に、休業・失業などが原因で収入が減少した人となっています。

生活支援を目的としているので、利息なしでお金を借りられるのがメリット。

コロナの影響で生活が困窮している人も、10万円を無利子で借りられる方法になります。

申し込みから5日ほどでお金を受け取れるため、今月の食費のために今すぐにでも10万円必要な人におすすめできる手段です。

申し込みに必要な書類が多いので注意しましょう。

必要書類

  • 本人確認書類(身分証明書)
  • 住民票のコピー
  • 預金通帳
  • 印鑑
  • その他指定の必要書類

申し込み場所は、市区町村の役所や社会福祉協議会から可能です。

どうしても急ぎで10万必要なら最短25分で借りれる「アイフル」

アイフルの公式サイトキャプチャ

カードローンから担保なしの方法、公的制度まで、あらゆる手段を紹介しましたが、最もスピーディに借りれるのは「アイフル」です。

最短25分融資に対応し、申し込みから30分以内に現金を手に入れることも可能に。

担保や保証人なしで借りられて、わざわざ役所や銀行へ出向く必要なく、近所のATMやネットから借り入れできます。

30日間の無利息期間があり、今借りるとよりお得に。借り入れできるか不安な方は、公式サイトで登録不要で診断可能です。

林裕二林裕二
2018年に2級FP技能士検定に合格後、AFP登録を実施。FPライターとして金融系記事をメインに寄稿するとともに、大手金融サイトで記事監修も開始。ファイナンシャルプランナーとして、読者に対して正しい情報を届けられるよう監修を行う。また、ファイナンシャルプランナーとしての専門知識に加え、ライターとして培ってきた知識を踏まえ、専門性の高い監修を行うことを心掛けている。